QB5 株式会社キュービーファイブ

コラム

2013.04.10

女性の職場で大切なこと

女性の構成比が90%以上を占める職場で何が一番肝心なのか?

 

もしかしたらこれは、女性に限らないのかもしれないが・・・

 

歴史をみると、むかしむかし、まだ古代と言われる時代、男は食べ物を狩猟に、女は子供を産み、農耕していた。そのDNAはどの男性にもどの女性にも受け継がれているとするならば、女性は台風などの災害から家族を守り、農耕して食物を蓄えることに長けている。農耕するということは、みんなで協力して集団で生きていくこと。だから、コミュニケーションを非常に大切にする。
女性の職場で最も大切なのは、『楽しい』ことである。朝おきて、いやだなーと思う職場では長続きしない。それでは、その『楽しい』を具体的にしたなら

 

1.人間関係に違和感がない
2.自分の存在を認められている
3.達成感ややりがいを感じる
4.自分の能力が発揮できる
5.みんなで協力して仕事ができる
6.適度なメリハリがある

 

とこんなところであろうか。上記の条件は実は人の生産性に非常に貢献する項目である。
ひとり単独で猟をする男性とちがって、女性は協力体制や依存体制は非常に心地いい。
自分ひとりで成し遂げられなかったこともチームで達成することができる。
個ではなく、集団が得意なのである。また、その力の大きさも知っている。

 

最近の出来事だが、業務上の繁忙期があって、派遣スタッフさんとともに仕事をする機会があった。私自身のことで恐縮だが、久々の現場で体力の限界まで挑戦し、今年45歳ではあるが『まだ、いけるな!』と自信がついた。

 

この時もこの女性の特性を十分に垣間見る機会があり、すごい能力だと思った。社員構成比率5%のところに、派遣スタッフさんが期間限定で入ってきた。でも10日もすると、すでに人間関係はできあがり、業務については社員の真似をし、もう何年も前から働いていたかのような感覚に襲われた。これこそ、高い順応性だと思う。また、繁忙期は目の前の仕事が嵐のように増えていく。これは、台風からみんなで家族を守っているようなもの。チーム力発揮の瞬間だ。

 

マネジメントは、全員の目的を明確にし、ゴールを見せ女性の集団が雇用形態や、採用の期間にもかかわらず一つになること。そしてその中に笑いが絶えないこと。ケーキの差し入れに、みんなでキャーキャーしながら群がる瞬間があること。一つになってチーム力を発揮する場面を目の当たりにした。女性の力は侮れない。素晴らしい潜在能力があるということを、歴史に感謝した瞬間だった。

 

女性の集団でかかせないことは『楽しい職場』であること。これは真実である。

(森作まみ)

ホーム > コラム:女性の「交差点」