QB5 株式会社キュービーファイブ

生産性向上支援

生産性向上支援とは流通・小売業向けファッション業界向けホワイトカラー向け

流通小売り向け 生産性向上支援 PICS

変革のための技術と魂が、現場に浸透する

お客様の業務を「業務フロー」「ナレッジ」「人件費構造」3つの視点から「見える化」することで、強い現場、高収益店舗、デキるマネジメントの実現をバックアップします。

業務フローの可視化
現地調査、作業分析、作業導線、人時分析、作業割当

ナレッジの可視化
ビジュアル登録、パネル表示、VTRツール、アラーム表示

人件費構造の可視化
デイリーレポート、月間稼働計画、作業割当表、人件費推移グラフ

PICS運用のモデルフロー

現場視点のPICSは、計画にとどまらず、実行から評価までの一連のサイクルを通して生産性向上の支援を行います。

PICS運用モデルフロー

PICS 6つのアクション

観る
現場に張り付き、現場の目線で現場のムリ・ムラ・ムダを観る。
測る
作業種毎の所用時間(秒単位)、作業導線(歩数単位)などを精密に測定。
数える
一定時間での必要作業量。出来高をもらさず数える。
聞く
徹底的なヒアリングによる、現場の知恵、問題点の見える化。
見せる
IT、アナログ的手法を併用した、日々の計数管理の徹底。
使えるノウハウの水平展開。
させる
従業員の行動に落とし込むことで、人材のスキル・現場の問題意識が向上する。

業務フローの「見える化」

一定の作業目標を達成するために「動き」の料を数値化する
一定の作業目標を達成するために「動き」の料を数値化する。

必要な「動き」の時間を最小化する
複数の商品を同時に品出しするなど、作業場の加工作業との連携の中で同じ動作で処理できるものを集中させたり、歩幅の最適スピードを決める。

現場のレイアウトに沿ってモデルを作成する
作業目標を達成する動きを、実際の動線として落とし込む。

モデル例

頻出する「動き」を調査する
たとえば… 青果部門の従業員がレジを兼務する場合、青果作業場とレジ間の移動が多く発生する。現場に張り付き、実際の青果作業場とレジ間の移動回数を計測。

頻度の高い「動き」に合わせてレイアウトモデルを作成する
他の「動き」との関連、商品の棚割りへの影響を含め、最適レイアウトモデルを作成する。

ナレッジの「見える化」

活きたナレッジ、使えるナレッジを「パネル」、「ビデオ」、「小冊子」などに編集。従業員一人ひとりが使える形に見える化。

人件費構造の「見える化」

PICS導入前と導入後の人件費推移(サンプル)

PICS導入前と導入後の人件費推移(サンプル)

人件費と他項目の相関グラフ
毎日チェックする数値をさまざまな形で見える化します

人件費と他項目の相関グラフ

大規模店舗と小規模店舗で比較を簡単にするために、売上高と人件費を営業面積(坪)で割ったものを使い比較。目標ラインを設定すると未達成の店舗が一目でわかる。店舗の立地や顧客などを考慮し、売上を増やすほうが早いのか、人件費を削減するほうが良いのかを個店別に判断する資料としてご活用いただけます。

サービスに関するお問い合わせ
お問い合わせフォーム03-3261-6161
受付時間 9:30〜18:00 土日祝祭日、弊社指定休業日を除く
人事・給与のフルアウトソーシング
生産性向上支援サービス
ホーム > 生産性向上支援:流通小売り向け